xxARCHIVE

ダイビング知識スペシャルティ

リアクトライト

意図

SSIリアクトライトプログラムは、医学的な緊急時において、ファストレスポンダーとして行動し、及びファーストエイド/CPR、酸素供給、及び/又は自動体外式除細動器(AED)を提供するための知識及びトレーニングを受講生に提供する。
リアクトライトプログラムの各部分(ファーストエイド/CPR、酸素供給、AED)は、個別に、又はこの3つのあらゆる組合せで教えてもよい。

最低インストラクター資格

アクティブステイタスを有するリアクトライトインストラクターは、リアクトライトプログラムを実施することができる。

受講生の前提条件

  • 最低年齢:満12歳

時間

完了するための推奨時間:8~12時間
  • ファーストエイド:5時間
  • AEDプロバイダー:1時間
  • 酸素プロバイダー:2時間

教材及び器材

  • リアクトライトの受講生は、最新かつ適切なファーストエイド/CPR用品、酸素供給器材及びAED器材を使用してトレーニングを行わなければならない。

人数比

  • リアクトライトプログラムの受講生とインストラクターの最大人数比はありません。
  • インストラクターは、プログラムの参加者全員をコントロール及び監督するために、利用できる十分な機能のあるトレーニング機器を使用しなければなりません。

最小限必要な監督

  • アクティブステイタスを有するリアクトライトインストラクターは、全ての学科及び実践トレーニングセッションを直接監督しなければならない。

完了するための必要条件

  • インストラクターマニュアルのリアクトライト中の受講生が参加しているプログラムの各部分に沿って、学科及び実践トレーニングシナリオを完了すること。
  • 該当するプログラムの各部分にあるリアクトライトファイナルエグザムを合格点で完了すること。

認定

  • 全ての学科及び実践トレーニングシナリオの必要条件を完了したら、SSIリアクトライトインストラクターはプログラムのデジタル認定カードを発行することができます。
  • SSIリアクトライト認定は、認定が発行されてから2年間、トレーニングと同様の医療緊急事態でファーストレスポンダーとして活動する資格があります。
  • 認定されたリアクトライトダイバーは、その認定をSSIダイバーストレス&レスキュー認定、及び全てのSSIプロフェッショナルトレーニングプログラムの参加条件として使用することができます。

クレジット

承認されたトレーニング機関の認定のある受講生は、以下によりリアクトライト認定にアップグレードすることができます:
  • リアクトライトデジタルラーニングを購入すること。
  • 該当する各認定のリアクトライトアップグレードプログラムを完了すること。
  • 該当するプログラムの各部分にあるリアクトライトファイナルエグザムを合格点で完了すること。

リアクトライトのアップデート手順

意図

最初のリアクトライト認定は、認定日から2年間有効です。 リアクトライトアップデートに参加することで、受講生は認定を追加で2年間延長することができます。
他の機関からCPR、ファーストエイド、AED、及び/又は酸素プロバイダーの認定のある受講生は、リアクトライトアップデートプログラムに参加し、同等のリアクトライト認定を取得することができる。

受講生の前提条件

  • SSIリアクトライト認定又は承認されたトレーニング機関からの同等の認定があること。
  • リアクトライトデジタルラーニングにアクセスすること。

完了するための必要条件

  • アップデートは少なくとも2時間費やさなければならず、インストラクターマニュアルのリアクトライトに沿って、各該当する認定のための少なくとも1回の完全なスキルサーキットが含まれなければなりません。
  • 該当するプログラムの各部分にあるリアクトライトファイナルエグザムを合格点で完了すること。

認定

  • リアクトライトアップデートプログラムが完了したら、所属するSSIダイブセンターは、MySSIの「新規コース登録」の中の「アップグレード認定」を使用し、受講生の手続きを行わなければならない。
  • 受講生は、完了した部分のリアクトライトプログラムのデジタル認定カードを受け取ることになります。
  • 個人用メモを作成する
  • 翻訳ミスを報告する
  • テクニカルエラーの報告